介護支援

ショートステイへ

ショートステイについては諦めていた。

昨日の朝、ケアマネさんに電話をかけ、今後のショートステイをキャンセルする意向を伝えた。

しかし、ケアマネさんは、あくまでもショート利用方向で動いてくれていた。

母の状態は今度、しばらく続くので、家での介護疲れを少しでも軽減できるよう、ショートを利用したほうがいいのではと言ってくれた。

確かに夜中に2回はトイレへ付き添っているし、深夜に必ず1回は沈痛薬を飲ませているので、なかなか熟睡できない状態。ちょっと寝不足気味。

ショートでもし、痛みで起きれなくて食事が摂れなかった場合、食事はそのまま2時間は置いておいてくれるそうだ。それでも食べられなかった場合、こちらで副食を用意して持ち込んでいいのかを聞いてくれたそうだ。そして、それは施設で検討してくれてOKが出たとのこと。

そして、何かあった時に連絡がつくようにしてもらえれば大丈夫だと。

いつも10時頃に送っていっているが、その時間が無理そうだったら、電話をくれれば何時になっても構わないとのこと。

そこまで受け入れ体制を整えてくれたので、ありがたくショートを利用することにした。

それにショートは個室で自分のベッドがあるので、そこで1日寝ていてもいいわけで、いろいろと催しがあるデイよりも利用がしやすいだろうというお話。確かにそうかもしれない。

 

昨日はお昼にほとんど布団の中で過ごし、食事もあまり摂れなかった母だったが、夕方にリビングにきて食事も摂り、しばらくテレビをみていた。

その姿にほっとした。

今朝も起きて、朝食をテーブルで食べ、時間までずっとテレビをみていることができた。

安心してショートに送り出した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ショート延泊

19日(日)に家庭教育セミナーがあり、それに出席したかったので、いつもは日曜日に帰ってくる母だが、月曜日まで利用を延ばしてもらっていた。

しかし、しかし、

セミナー終了後、施設から「「今日、お帰りの予定ですが・・・」と電話がある。

それには焦った。

私は、先月のことだが、ショート利用日の前日にいただく確認電話のときに、延泊のことはお願いし了解もしてもらっていた。でも、あちらは聞いていないらしい。

もうこうなったら言った言わないの世界なので、仕方がないのだが・・・

幸いに部屋が空いていたので、泊りは大丈夫だった。

 

実は以前もお願いしたつもりだったのに、施設のほうではそうなっていなかった時があった。その時は利用前日の確認電話の時にそれがわかりセーフだったのだが・・・

今度から後日、確認の電話をいれたほうがいいかも・・・

それともケアマネさんのほうから連絡してもらうか・・・

一般的には、こちらがケアマネさんに希望を言い、ケアマネさんが施設に連絡するようだが、利用できるかどうかの確認を早くとりたいので、私が施設に確認、予約を入れてケアマネさんには事後連絡になっていた。

ちょっとどうするか考えなければ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショート利用できず

いつもショート利用前日の夕方、利用の確認と母の様子の確認のために電話をいただく。

昨日、電話をいただいた時に、デイで吐いたことを伝えたのだが、吐いた後は、48時間ショート利用ができないとのこと。

吐いたのが昨日の朝10時くらいだったので、利用は土曜日の朝10時以降。

ということで、今日はショート利用がお願いできず、母は自宅で静養となった。

できれば、病院での受診を勧められていたが、今日はまったく普通で食事も普通食で大丈夫だったので病院には行かなかった。

今日、またショートの施設から電話をもらい、今日元気だったら大丈夫でしょうとのこと。

明日10時以降からお願いできそうだ。

いつも金曜から日曜の2泊3日だが、部屋が開いていたので、土曜から月曜に変更してもらった。

昨日利用のデイからも、夕方電話があった。

その後の母の様子を気にかけていただいたようだ。

ついでに月曜のデイのキャンセルをお願いした。

  

母はほとんど3日間家にいたことになる。

う~ん。さすがに3日間はしんどいなぁ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

施設利用の変更

いつもショートを利用している施設の業務形態がかわり、利用料が少し上がった。点数だけならまだしも、食事代などの自己負担率も少しあがるとのこと。

今まで限度ギリギリの利用だったのが、オーバーしてしまう。

来月は受診日がないだけに、それだけでも1日多い。

自己負担金が14000円ぐらいになってしまうとのこと。

まあ、でも仕方がない。母の年金で賄えるし。

今日、ふと思ったのは、デイ利用している2施設は利用料の差が大きい。

規模によっても利用金額が変わってくるが、小規模の方が高いのだ。

それで周1回お願いしていた小規模施設の利用をやめることにした。

そして大規模の施設の利用を1日増やした。

そうしたら来月の自己負担金は、約半額になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険負担限度額認定申請

介護保険負担限度額申請の切り替えの時期がきた。

6月末で終了で、7月からは再申請・再認定が必要。

ただ送付されてきた申請書に必要事項を記入して送ればいいだけのこと。

これは入所(ショートを含む)に関する居住費・食費負担金に限度額を設定してくれるので、負担金が減る。

この制度を利用する前、ショート利用に7万~8万ぐらいの実費を支払っていた。申請後は約半額になった。ありがたい。

母はショート利用だからまだいいが、入居されている方のご家族はとても助かるだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お風呂を拒否

今日、ショートから帰ってきた。

今回、お風呂に入れなかったようだ。

特に説明はなかったが、拒否以外は考えられない。

だいたい1回は入ってくれていたのだが、その時間がどんどん遅くなっていた。

本来、日曜日はお風呂はないと聞いていたのだが、母はほとんど日曜日。それも午後。

きっと土曜日に無理だったので、日曜日に頑張ってくれているのだろう。

最近は、お迎えに行くと「さきほど入りました」と言われることが多かった。

家でお風呂になかなか入ってくれないという事情を知っているだけに、

入れてくれようとしているのはわかるが、なかなか大変そうだ。

家での拒否ぶりを考えると想像できる。

そして、今日、とうとう入れなかった。

これからも難しいだろうな。仕方がない。

 

そして、便をした後に、おむつ交換はできたようだが、

ふき取りの時に、怒ってしまって出来なかったとのこと。

 

まだ暑くもなく、お風呂に入らなくても大丈夫かなと、ショートで入るので

家では声かけをしていなかったが、これからはそうもいかないな。

なんとか頑張らなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイから消えた!

午後、デイから電話が入る。

「お母さま、午後くつろいでいらっしゃる時に、気が付いたらいなくなっていたんです。どうやら外に出てしまったようで・・・今、探していますので、また連絡を入れます」

外は雨が降ってきている。私も車で探しに行く。

その後、「まだ、見つからないので警察に連絡を入れます」

「携帯の安心メールで、皆に働きかけることもできますが、お嫌でなければされますか?」

私も連絡や母が戻ることも考えて、出たり入ったりを繰り返す。

雨足はどんどん強くなる。

 

そして、やっと5時過ぎ、デイから連絡が入る。

「見つかりました!」 

あ~よかった~

なんと、わりとすぐ側の飲食店の軒先で雨宿りをしていたそうな・・・

「すぐお連れします!」と連絡が入ったが、すぐまた電話がかかってきて

「身体が冷え切っていますので、今、お風呂に入っていただいています

終わったらお連れします」

 

そして、その後、母は職員さんに連れてきていただいた。

デイの傘をさしていったようで、思ったほどは濡れていなかったとのこと。

今度、このようなことがないように十分に気をつけますので・・・と平謝り。

ずっと穏やかだったので、ちょっと油断してしまったとのこと。

いつも、不穏な感じがあると、外に散歩やドライブに連れて行ってもらったりしている。

私も母に携帯を持たせていなかった。

以前、別のデイだけど、同じく施設外に出てしまって警察沙汰になっている。

その時のことがあるのだから、ポケットにでも携帯を入れておくべきだった。

今度からはそうしよう。

 

いなくなると雲をつかむような話。

見つけるのは奇跡に近い。

よく見つかったと思う。

 

母は見つけてもらって施設に戻った時に、泣いていたそうだ。

ほっとしたのだろう。

4時間ぐらい歩いていたと思う。

帰ってきたらすぐ寝てしまった。

そして、しばらくして起きて夕飯を食べた。

風邪もひいていなさそうだし元気そうだ。

 

あとでケアマネさんからも連絡が入る。

皆にご心配をかけた。

でも、見つかって本当によかった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

デイで転んでこぶ

昨日のことだが、デイから帰る時、玄関先で靴を履こうをしゃがんだら

そのまま頭の重みで前にコロンと倒れたそうだ。

額を打ったらしく、熱冷ましシートをつけて帰ってきた。

施設の看護婦さんにも診てもらったそうだ。

こぶが出来ているので、その部分が紫になったりとかするかもと・・・

なんだかすごく申し訳なさそうだった。

 

そして、今朝、そのデイから母のその後の様子などの確認の電話をいただいた。

こぶの様子、吐き気、痛みなどないかいろいろ聞かれた。

母は昨日、帰ってきたら、シートをすぐ外してしまった。

また貼ってあげたら「こんな冷たいものやめて。身体が冷える」というので

そのまま外すことにした。

朝になってもなんともない。全然大丈夫だった。

今日は別の施設のデイの日だが、そこからも何も報告はなかった。

 

今日、ケアマネさんが来てくれた。

来月の予定を持ってきてくれ、母のがんセンターでの診断のことなどを聞かれた。

治療次第では、サービスの見直しなどをしないといけないのだな。

そのために、いつもより早く来てくれたようだ。いつも月末なので・・・

このまま自然の流れで緩和ケアに意向の旨を伝えると、来月はこのまま続行。

 

こぶのことも聞かれた。もうケアマネさんに連絡がいっていた。早い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リハビリパンツ

今回、ショートでお風呂は入らなかったようだ。

母の拒否反応が強かったようだ。

介護士さんがすまなさそうに報告してくれた。

また下着を汚してしまい(毎回そういう報告)リハビリパンツ(紙おむつ)を履いたままだという。

家で失敗はないのだが、施設だとトイレの場所がわからないのだろうか・・・

間に合わなくて失敗を??

その辺は介護士の方も分からないようだ。

施設では着替えのたびに洗濯をしてくれる。

それに母は下着を汚しても自分で分からないことが多い。

やはり施設ではリハビリパンツの方がいいのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後の介護サービス

今日、ケアマネさんが来た。定期的な訪問。

母の病状などを説明。

今後、胸の痛みが出た場合に介護サービスが受けられるのかを聞いてみた。

対応してもらえるとのこと。

外に出て何かをやっているほうが、気も紛れ、その分、痛みも和らぐという。

今のままデイやショートを利用はしてもらえるらしい。

その方がいいという話を聞けてよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ご挨拶 | 介護支援 | 母の作品 | 母の日常 | 病院