« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

カレンダー

毎年、恒例の手作りカレンダー

12月までの12枚を塗り絵してある。

デイで何日間かかけて仕上げ、暮れに届けてくれる母の手作りカレンダー

 

今年はこんな感じ。

Dscf1076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショート事前連絡

以前、ショートステイを利用する前日に送迎の時間の連絡を受けていた。

その時に家での様子なども伝えていた。

しかし、点数の関係で、行きも帰りも私が送迎することになったので、時間の連絡は不要となったが、しばらくは様子などを聞くためか連絡してくれていた。

それが1カ月くらい前から連絡はこなくなった。

別にそれはそれでよかったのだが、連絡があれば前回のように延泊の確認などもその時にできていた。

施設の方でもそう思ったのか、その次の週(先週)は利用前日に電話をくれた。

今度から確認をとることにしたのかもしれない。

私のほうもその方が安心だ。

 

昨日、ショートにお迎えに行ったら、母は腕の中に、湯呑カップをたくさん抱えてやってきた。付き添いの職員さんの様子から、多分、言われても離さなかったのだろう。私が受け取ってテーブルに置き、職員さんに持っていってもらった。

お腹も膨れているので見てみたら、トイレットペーパーがワンロール入っていた。なんでも持っていこうとするのは常だけど、なんだか可笑しくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショート延泊

19日(日)に家庭教育セミナーがあり、それに出席したかったので、いつもは日曜日に帰ってくる母だが、月曜日まで利用を延ばしてもらっていた。

しかし、しかし、

セミナー終了後、施設から「「今日、お帰りの予定ですが・・・」と電話がある。

それには焦った。

私は、先月のことだが、ショート利用日の前日にいただく確認電話のときに、延泊のことはお願いし了解もしてもらっていた。でも、あちらは聞いていないらしい。

もうこうなったら言った言わないの世界なので、仕方がないのだが・・・

幸いに部屋が空いていたので、泊りは大丈夫だった。

 

実は以前もお願いしたつもりだったのに、施設のほうではそうなっていなかった時があった。その時は利用前日の確認電話の時にそれがわかりセーフだったのだが・・・

今度から後日、確認の電話をいれたほうがいいかも・・・

それともケアマネさんのほうから連絡してもらうか・・・

一般的には、こちらがケアマネさんに希望を言い、ケアマネさんが施設に連絡するようだが、利用できるかどうかの確認を早くとりたいので、私が施設に確認、予約を入れてケアマネさんには事後連絡になっていた。

ちょっとどうするか考えなければ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜中に外へ・・・

昨晩、夜中12時過ぎに主人から「駅に迎えにきてほしい」とメールが入る。

母がまだ起きていたので、どうしようかなと思ったが、母は和室にいたし

ほんの5分ぐらいだから迎えに行くことにした。

念のため、リビングの電気や、廊下、玄関の灯りなど全部消しておいた。

真っ暗で玄関がどこにあるか分からない状態なら、出て行かないだろうな・・・と。

 

・・・が、甘かった。

 

主人を乗せて家の付近に来たら、母が外を歩いていた。

それも上は下着のシャツのまま。

危なかった~

 

主人・・・

「うわ~危険だわ。俺、もう、今後からタクシーで帰ってくるわ。何百円ケチったばっかりに、おばあちゃんがいなくなったなんてことになったら大変だからな」

ほんと、そうしてもらいましょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おばあちゃん、なんとかしてよ。

最近、いつも不機嫌な母。

母が言っていることを聞いていると、ほんと、こちらも不機嫌になる。

 

私が何かするわけでもないのに・・・

「バカじゃないか」「おかしいんじゃないか」「どうかしてる」

「呆れてものも言えない」「蹴飛ばしてやる」「ひどいったらありゃしない」

毎日、こんな言葉の羅列。

 

そして、畳みをバンバン叩いたり、ドアをバタンを大きな音を立てて締めたり・・・

そんな不機嫌さを現す音つき。

 

そんな様子をいつも遠巻きに見ている息子。

「もう~お母さん、おばあちゃん、なんとかしてよ。お母さんが認知症になったらきっと孫に嫌われると思うからさ。その時には俺が面倒みてやるから、おばあちゃんのことは頼むよ。俺、ほんと、心、折れそうだわ」

う~ん。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

障子紙をビリビリ

以前、和室の障子紙に小さな穴が開いていたのだが、

ある時、それが気になったのか、母が、その穴に手をかけて

ビリビリと破きだした時があった。

どこかで破くつもりだったか知らないが、それをやめさせて

応急措置として、A4のコピー用紙を貼っておいた。

破かれたままだときっといつまでも気になるだろうと思って。

 

それから1カ月はそのままだったのだが、

今日、またビリビリを音がするので行ってみると、そのA4のコピー用紙を

剥がそうとしていた。

「こんなところにあったんだから。探していたのに・・・」

「???」

A4の紙を剥がして、気が済んだのか、今はその周辺がすっぽり抜けた状態になっている。

 

その後、どうしようかな。

暮れでもあるし、全面新しい障子紙に貼り替えるか・・・

それも、近いうちにまた同じようなことが起きるかもしれないでそのままにしておくか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クマが捨てられた・・・

昨日、ほんの5分ほど2階に上がっていた間にテーブルの上にあった私のビーズのクマちゃんが(いい年してなんですが・・・)行方不明に・・・

その瞬間、母がまた何処かに持っていったなと、母のズボンのポケットやら、母の部屋やらいろいろ探しても見当たらず、心が穏やかでなくなってくる。

 

まず、そこに現れた息子に「私のクマちゃんがなくなった~」と訴える。

「おばあちゃんじゃねえ?」・・・そりゃわかっているって。

私が探していると、「一緒に探してあげようか?多分、ここじゃない?」と、台所にあるゴミ箱の中を探していた。

 

そのうち、主人が帰ってきて、また「私のクマちゃんが・・・」←うるさいね。

「探してあげようか?俺の予想はな、ここだな」と冷蔵庫を開けた。

まあ、2人とも、普通ではありえない場所を探すところなんか、ちゃんと心得ているという気もしますが・・・

 

その後、部屋の引き出しやなにやら全部、探したけれど見つからずほぼ諦めていたのだが、寝る前にリビングのゴミ箱をあさってみた。

そしたらそこから出てきた!

それも、クマをご丁寧にティシュでくるみビニール袋に入れて捨てていた。

外見はまるでゴミ。

捨てられる前に救出できたよかった~

Dscf1011

このクマちゃん、かわいいでしょ?

ここ最近、テーブルの上に置いて、そのあどけない顔に癒されていました。

私の癒しグッズでもあったのです。

作るのに5時間くらいかかるんだから~

ほんとに捨てられたら泣いてしまうよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スリッパがやっと出てきた~

私のスリッパの片方が4~5日くらい行方不明になっていた。

そうしたら昨日、オーディオセットの裏の隙間にあることを発見。

やれやらと思ったら今朝になったらまたなくなっている。

母の部屋の雨戸を開ける時に、テレビ台の後側をふと見ると、スリッパが挟まっていた。

最近、挟むのブーム?

 

母は布団を上げられなくなってきた。

敷き布団を3つ折り、掛け布団は4つ折りにするけれど、それができない。

なんかおかしい、おかしいって言いながら、どうやって畳んでいいかわからず苦戦している。

諦めてそのまま押入れに入れるのだが、押し入れの中で形が整わない布団と格闘している。

最近は手助けが必要不可欠になった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

便の始末

8時になったので、母を起こしに行く。

最近は、起きたと思ったら、また寝てしまうことも・・・

枕元に使用済みおむつが置いてあった。

中に便が・・・

 

おむつの中にするのは初めてのこと。

それで、おむつをとってしまったようだ。

それはいいけれど、布団の中はどうなっている?

ズボンを履いていたが、その中は何もつけず。

お尻に便がべっとりついていた。

もちろん、ズボンにも・・・

 

そのままお風呂場に連れていく。

鏡越しにお尻をみせると納得してお風呂に入ってはくれたが、

身体にお湯をかけて洗って、拭いて・・・そのまま上がるのかと思ったら、

またお湯をかけて・・・これ3回繰り返した。

 

8時45分にデイのお迎えがくるので、切り上げるように促すが、

なかなか上がろうとしてくれない。

あと15分で来る~朝ごはんもまだ~

「お願いだから」って腕を引っ張ったのだが、案の定怒り、

シャワーのお湯をかけられた。

プンプン怒って着替えるのも大変。

なんとかなったけど・・・

朝食はパンを1個つまむ程度で送り出すことに・・・

  

トイレの壁紙に茶色いものがついていた。

臭いからして、便でしょ。

でも、何故、ここに?なすりつけた?

 

敷きパットも毛布も、布団カバーも便の臭いがただよっている。

全部、お洗濯。

天気がよくてよかった~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がんセンター 胸のレントゲン

今日はがんセンターの日。

前回、痰がからんでいて、去痰剤を処方してもらったこともあり、

今回は胸のレントゲンをとってからの受診。

 

レントゲンは別に異常がなかった。

ちょっと心臓が大きめらしいが・・・

年をとると、心臓への負担が大きくなるので心臓そのものも大きくなるのだとか。

へぇ~

確かに散歩のあと、心臓バクバクするっている時があるけれど。

でも、5分も休めばもう収まっている。問題はないとのこと。

 

朝に飲む予防のためのカロナール1錠。

これがけっこう効果があり、デイでも痛みを訴えることがほどんどなくなった。

追加で飲んだのは、この1カ月で2回くらいだろう。

緩和ケアの段階に入ったのは4月。

7か月は経過した。

おおむね順調。

 

時間待ちの間の散歩。

道路は枯れ葉が舞っている~

101201_113601

 

こちらは午後の散歩。いちょう並木の下で・・・

101201_1530010001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »